すももパパの正直ブログ

子育て・ごはん・おでかけ等のはなし

育児休業給付金

育児休業中のお金の話

育児休業中は会社からのお給料は発生しません。その際に、支給されるのが「育児休業給付金」です。育児休業給付金は、本人(ママやパパ)が加入している雇用保険から支給されるもので、通常だと1年間(特別な理由がある場合は最長1年6ヶ月まで)サポートしてくれます。

f:id:sumomomoa1:20161021224101p:image

 ※配偶者の病気や死亡、保育所の入所待ちの場合に育児休暇の期間と育児休業給付金の受給期間を最長1年6ヶ月まで延長可能

いくらもらえるの?

育児休業開始日〜180日目までは月給の67%

 (限度額  約28万円)

181日目〜最終日までは月給の50%  

(限度額  約21万円)

※ここでいう月給は額面総支給額です。基本給や残業手当はもちろん、通勤手当や住宅手当その他手当を含めた金額が計算対象となります。

受給の条件は?
  • 雇用保険に加入している
  • 育児休業を取得している
  • 育児休業を開始する日より前の2年間の間に月11日以上働いた月が12か月以上ある
  • 子供が1歳になる日(誕生日の前日)を超えた時に引き続き雇用をされる見込みがある
  • 雇用契約期間に定めのある人は、休業を開始する時に同一の事業主の元で、1年以上の雇用が続いている

以上の要件を満たす人であれば、パートや契約社員でも受給できます。

もちろん夫婦でそれぞれもらえます。

さらに、給付金は所得税が非課税で社会保険料も免除になるので可処分所得としては休業前の8割ぐらいは確保できることになります。

このようにパパの育児休業に対する経済的なハードルはかなり低くなってきているといえるでしょう。

✳︎申請から給付まで時間がかかる場合もあるのでお金のやりくりには注意が必要です。(5ヶ月後になることも‥)